知らないでは済まされない!相続税の周辺知識

炎01 炎02
相続税法が改正され、平成27年1月1日以降に亡くなった人の相続から新しい制度が適用されるようになりました。
主な改正点は、相続税がかかるかかからないかの分岐点となる基礎控除額です。改正前の税法では、5000万円+1000万円×法定相続人の数が基礎控除額でしたが、改正後は4割減となりました。具体的に言うと、相続人が妻と子供一人の場合、今までだったら相続財産が7000万円以下であれば相続税がかからなかったのが、今後は4200万円を超えると相続税の対象となります。つまり、今までの税制であれば税金を納める必要のなかった人に関しても、今後は税金の心配をする必要が出てくる可能性があるということです。
また税率も改正され、相続財産の総額が多いほど、税率が高くなります。
これまで自分は関係ないと思っていた人も、今後は知識を身につけ、それぞれの家庭の状況に合った対策をとる必要が出てきます。また、これまで相続対策として行ってきた対策だけでは、対策にならないケースも出てきます。そのため、新しい法律を知り、どのような対策をとるべきかもう一度シミュレーションする必要があります。
新しい相続税に関する本がたくさん発売されたり、テレビなどで取り上げられることも多いですが、いたずらに不安ばかりを募らせるのではなく、まずは自分や親などの財産がいくらぐらいになるのか、それに対していくらの税金がかかるのか、どのような対策をとるべきかを一度整理して検討するのが大事です。