節税方法とは

遺産分割とか相続とかで、節税というと何か違和感が残りますが、相続財産をもらったものの、多くの税金で悩まされることもあので、節税と言うよりは、正しく税金を納めるという意味で、正税の方法を勉強しておくことはとても大事なことなのです。
土地や家に関して、同居の配偶者の場合は特典があることはご存知の方も多いと思いますので、それば税務署のガイドに任せるとして、土地の形状や状態で恩典があることは知らない人も多いようです。相続の土地については、普通の場所に正方形か長方形の土地があることを前提として、路線価で計算することとなっています。路線価と売買価格の関係などは別の論議として、普通の場所と言うのは、土地の周辺に崖があったりする場合は、わかりやすく表現すると評価が割引になるということです。また、同じく三角形の土地は使い勝手が悪いので、正方形とか長方形の場合と比較して無駄なスペースは割引対象になるというものです。また、評価に値するために土地の整備が必要であれば、そこを整備するための費用も評価からマイナスできるという仕組みになっています。
これらは、評価金額としては馬鹿にならない額になるので、一度計算しておくのがいいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。