相続税と財産

相続税とは、相続又は遺贈する事によって、財産を取得した場合に課税されます。
申告書を被相続人の住所地を管轄する税務署に、相続開始日の翌日から10ヶ月以内に提出してから、支払いましょう。
ただし、基礎控除と言うのがあり、遺産の評価額が基礎控除以下であれば申告も必要なくなります。
また、相続財産には、相続税の課税対象になる物とならないものがありますので、注意しましょう。
亡くなった日に被相続人が所持している、お金に換算出来る物は課税対象です。
土地や家屋、現金や小切手、預貯金に有価証券、ゴルフ会員権や著作権、貸付金や売掛金などがあります。
他にも、自家用車や絵画などの家庭用や実質的に被相続人の所有と考えられる、家族名義の預貯金や有価証券などです。
被相続人の死亡がきっかけで得た生命保険金や、死亡退職金も課税対象になります。
相続や遺言などで相続開始前の3年以内に得た、未払いの被相続人から贈与された物です。
非課税の財産は、香典や墓地、花輪代や墓石、神棚や仏壇、仏具に位牌などの、日常礼拝している物になります。
国や地方公共団体、特定の公益法人に寄付した場合も、非課税です。
相続税には、色々な控除がありますし、それを計算する事によって非課税になる事もありますので、気になる人は会計士や税理士などの専門の機関へ相談して下さい。

コメント

コメントを受け付けておりません。