土地の相続と生命保険 

ある人物が死亡した際、その人の財産は相続によって継承されていくことになりますが、相続をするにあたっては金額に応じて相続税が課せられることになり、相続人は相続税を支払わなくてはなりません。
相続人が受け取った財産が現金や預貯金である場合には、そのお金で相続税を納付することができますが、問題なのが相続で受け取った財産が自宅や土地などの不動産の場合です。もしも、相続税を納付できるだけの現金を用意できない場合、せっかく相続した不動産を処分し、その代金で相続税を納付しなければならなくなります。そのようなケースでは自宅や土地を手放すことになってしまうため、今後の生活に大きな支障が出てしまいます。
そのため、現金や預貯金が十分な金額ではなく、不動産が相続財産として大部分を占めている場合には、相続税対策として被相続人が生前に生命保険加入しておくといった手段があります。被相続人が生命保険へ加入し、保険金の受取人を相続人にしておくことで被相続人が死亡した際には相続人に死亡保険金が支払われることになり、その保険金で相続税を納付することができるからです。
また、生命保険の死亡保険金は法定相続人の数に500万円をかけた金額までは相続税が課せられないというメリットがあるので、その点でも相続税対策としてはとても効果の高いものとなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。